浜先秀彰 オフィシャルブログ

自動車専門誌を中心に活動しているフリーライター・浜先秀彰が取材での出来事や、カーナビ、ドライブレコーダー、その他カーグッズについて思うことをお話ししたいと思います。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アルパインのビッグXシリーズが2018年モデルに

市販カーナビの1年ごとのモデルチェンジでは「地図が1年分新しくなるだけ」というものも実はあります。

それでも型番だけは変更されたりするのです。

 

 

しかし、6月15日に発表されたアルパインのビッグXシリーズは機能をアップ(詳しくはこちら)しているにも関わらず、型番の変更が無いモデルチェンジで「2018年モデル」としています。

そのため同じ型番でも「2017年モデル」と「2018年モデル」が存在することになります。

 

なお、2017年モデルはプログラムのアップデートを行うことで2018年モデルと同じ仕様になるので、2017年モデルを買ったばかりでも損した気分にはならないでしょう。

 

カーナビ | 21:26 | - | - |
新型サイバーナビの便利機能

 

カロッツェリアのハイエンドシリーズ「サイバーナビ」の2018年モデルがリリースされました。

2017年モデルは昨年8月末に発表だったので約8カ月と通常より短い期間でのチェンジですが、これは昨年モデルの発表が例年よりも遅れたためです。

 

製品概要については、カーナビニュース・ドットコムのニュース記事を参照して下さい。

先週(4月18日)発表だったのですが昨日、デモカーで実走することができました。

 

今回の目玉機能といえる「MapFanコネクト」の特徴は、サーバーを介してスマホ(専用アプリのインストールが必要)とサイバーナビで情報の共有ができることです。たとえば気になっているショップや観光スポットなどを検索して地点をサーバーにスマホからアップすれば、それがカーナビの画面からすぐに呼び出せます。今までのようにメモしたりスクショして、その情報をカーナビに入力する手間がなくなるわけです。また、スマホ上でルート探索まで行ったデータも同様に送って、カーナビ上ですぐに使えるのです。

 

 

操作がわかりやすく、スマホからのアップ操作はワンタッチ。カーナビも起動した直後に新データがサーバーにあることをウインドー表示で知らせてくれます。スマホとカーナビが離れた場所でも直結しているといったイメージですね。

自分が使いたい情報をサーバーにアップして取り出すという機能は新しいわけではありませんが(似たような機能は他社も含めて昔からあります)、使い勝手がとてもよく、これならば日常から積極的に使いたくなるでしょう。

 

ほかにもスマホ上で愛車の場所がつねに確認できる「マイカーシーク」という機能も便利。自宅から迎えに来てもらうときに、クルマがどこにいるのか把握ができるし、万一盗難された場合でもすぐに見つけられそうです。

 

サイバーナビの「ネットワーク機能」は今後もまだまだ進化が期待できそうです。

カーナビ | 15:53 | - | - |
横浜環状北西線

 

ちょうど自宅の目の前が「横浜環状北西線」の建設現場です。

横浜環状北西線は東名高速の青葉IC〜第三京浜の港北ICを結ぶ高速道路(首都高速)で、2020年頃に開通とのこと。

青葉IC付近と港北IC付近だけが地上で、ほとんどの部分は地下となります。

青葉IC付近は高架がみるみる出来上がり、この写真のような状況です。

完成すると東名〜第三京浜〜横羽線〜湾岸線とつながり、渋滞の緩和が見込めそうです。

東名〜湾岸までの所要時間が1/2〜1/3になるかもしれません。

大規模災害時のルートが増えることも期待できます。

下の写真は首都高速のHPからお借りしたものですが、このようなルートとのこと。

とても便利になるとは思いますが地元住民としては…騒音や排ガスなどの問題がちょっと心配ですね。

道路 | 15:10 | - | - |
見落としがちなドラレコ本体の取り付けポイントとは?

ドライブレコーダー本体の取り付けはほとんどのモデルが両面テープで貼るだけなので、ユーザー自らがDIYで取り付け作業を行うことが多いと思います。

 

作業自体は簡単ですが、いくつか注意するポイントがあります。

 

〇覲Δ鯔犬欧覆い海

あまり低い位置に取り付けると前方が見えにくくなってしまうので、できるだけ高い位置が好ましいです。また、フロントウインドー全体の上から20%までの範囲に納めないと保安基準に違反することになってしまいます。

 

地デジアンテナに重ならないこと

市販ナビの地デジアンテナはフィルム型でフロントウインドーに貼られています。ドラレコをその上に貼ったり、位置が近すぎると地デジの受信感度が低下することがあるのです。国産メーカーの製品では対策が施されているので影響は少ないですがなるべく離したほうが安心です。ちなみに安価な海外製だとドラレコが同じ車内に存在しているだけで地デジが映らなくなることもあります。

 

A犧遒しやすい場所を選ぶこと

カーナビ連動型以外では手動録画用ボタンが付いているのですが、これは記録しておきたい瞬間にサッと押せなくてはいけません。そのためなるべく運転席から手が届きやすい位置を選びましょう。そして記録用のマイクロSDカードが出し入れしやすいようスロットの周囲に空間をあったほうがラクです。

 

ぅ譽鵐困魯錺ぅ僉爾虜酘鞍楼脇發貿爾瓩襪海

これは意外に見落とされることの多い部分です。雨の日にワイパーを使わないと前が見えないのは当然。ということは、ワイパーの作動範囲にレンズ部分が入っていなければ雨粒だらけのぼやっとした映像しか録れないわけです。下の写真を見てもらえれば一目瞭然でしょう。

 

●ワイパーの作動範囲外

●ワイパーの作動範囲内

 

と、これほどの違いがあります。

 

これらの注意ポイント守って、ドラレコの性能をきちんと活用しましょう。

ドラレコ | 19:26 | - | - |
カー・グッズプレス Vol.85発売

カーグッズ専門誌の「カー・グッズプレス Vol.85(徳間書店)」が本日、3月5日に発売されました。

現在は1年に3回(3月、6月、11月)の発行となっていますが、毎回スタッフ一同全力で面白いネタ、旬のネタを探して盛り込んでいます。

 

今回のメイン企画は「新クルマ生活の便利モノ」。この春から生活環境が変わるという人には特に、そうでない人でも役立つグッズを詳しく紹介しています。

ほかにも「間違いのないドラレコ」企画では、最新型のオススメドライブレコーダーを実走行でチェック。高性能なドラレコの購入を検討中というのならば見逃せません。

 

僕はドラレコとカーナビの記事を担当しています。

書店、ネット通販などでぜひ。

 

 

雑誌 | 20:25 | - | - |
スペシャルコンテンツ公開中です

カーナビ情報のウェブサイト「カーナビニュース・ドットコム」では、2月28日からスペシャルコンテンツ「“振り向く”大画面ストラーダが誕生」を公開中です。

 

昨秋のリリース以来、高い人気を誇っているパナソニックの最上位機種「ストラーダCN-F1XD」を詳しく紹介した記事で、とくに開発担当者へのインタビューには注目していただきたいです。

 

パナソニック独自のDYNABIGスイングディスプレイは2DINサイズ(国産車のAVユニット装着スペースの標準的な大きさ)ながらも、一般的なナビに採用されている7型画面よりも約1.7倍も大きな9型画面を実現。

地図やAVソース(ブルーレイも見られます!)が抜群に見やすく、タッチパネル操作も簡単にできます。

 

価格は車種専用ナビほど高くないので、大画面ナビを買うのならイチオシといえます。

なんと320車種以上(現時点で適合が取れているもの)に装着OKです。適合確認はパナソニックのホームページで行えます。


 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.